2011年03月13日

地震災害について

 まずは地震災害にあわれた方が一人でも多く無事でありますことをお祈りいたします。
 まだ、メルトダウンの危険性もありますが作業をしているかたの奮闘されているようなので応援したいと思います。

 この地震の報道やネットニュースで見たことなどの感想なのですが、まずはtwitterを使ってある動画投稿サイトの社員が虚偽の内容ツィートして大炎上させた…はっきりいってこれは不謹慎きまわりない、しかも逆ギレしているから、多分、地震の混乱終結後になんらかの対応がとられるでしょう。

 次にTVはCMカットの地震報道ですが、実に酷いとくに民放関連は、いつも災害などが起きた際に思うのですが、民放は放送のためにヘリを飛ばして現場周辺の様子を流していますが、私はそれが不快でしかたがない。たしかに情報を収集するためにはヘリは必要でしょうけどそれよりも物資の搬出などに活用したりすべきではと思うのです。さらにいうならその取材ヘリの使用しているヘリポートを緊急ヘリのスペースとして使用するなどがあると思います。さらに生き埋めにあっている家族の安否を心配する人へインタビューとかもう最低です。行方不明の家族を心配している人を引き止めてまでインタビューするなよ…災害、事故などが起きた際のマスコミの姿勢というものが非常に疑問視されます。関西の震災のときも被災地で物資が供給されていない場所でロケ弁を食べていたなどという行いや、脱線事故の際にけが人に肩をかして歩いている人に並走してインタビューておかしくありませんか? けが人がいるのにその人の手を貸さないでカメラを回し、マイクを片手にて道徳的に間違ってるといいたい。
 そういえばフジテレビが官総理の会見の際に女子アナか誰かの笑い声が入っていたということで動画が上がっていましたね。うん、もう少し民放各局は報道のありかたの倫理について考えるべきだと思います。

 ボランティア支援の準備も進めていますが、まだ、予断もできない状況であり指揮系統も整っていないようです。

 今回はすごくまじめなことを書きました。とりあえず、さまざまな団体が募金活動などをしているようなので…私も小額ですが募金してきます。
posted by 律師 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。