2010年06月01日

怒羅魂・簡易戦闘ルール

 ルールは以下のものを考えてみた。
 
 戦闘フィールドを使用せずに、前衛と後衛を決めます。後衛は前衛がいない場合なりたちません。
 ルールは以下のとおりです。
 移動の概念がなくなりその代わりに前衛・後衛の変更ができます。 前衛は後衛を対象にした攻撃を代わりに受けることができます。このとき回避値は0として扱います。
 近接攻撃は前衛にいるときでないと攻撃はできず、また攻撃の対象にできるのは前衛にいる敵だけです。
 遠距離攻撃は、前衛にいるときは敵の前衛・後衛を攻撃に対象にできます。後衛にいるときは敵の前衛しか攻撃ができません。
 貫通は前衛にいる場合は後衛も攻撃の対象にすることができ後衛にいる場合は、敵の前衛攻撃することができます。
 スキル【回転撃】を使用した場合、敵の前衛全てが攻撃対象になります。
 散弾は前衛にいるとき使用した場合敵の全てを攻撃対象にすることができ、後衛のときは敵の前衛を全て対象に攻撃を行えます。
 爆裂弾・ショックアーロは全ての敵を対象に攻撃を行えます。
 楽曲の効果対象は敵味方問わずどちらかの勢力の前衛もしくは後衛のどちらかの全てが対象になります。

 六門ファーストの戦闘ルールの応用的なもの、これで密猟者や盗賊なんかも敵に使えるかなw まーメインはあくまでモンスター狩りなので使わなくてもいいルールですが、ないよりはいいよね?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。